サトー・タローの育児日誌

アニメ・マンガ好きなアラフォー後半のおっさんの育児日誌(ほとんど専業主婦の奥さんにまかせきり)

パパ抱っこ

ネットの記事や育児本を見ると、赤ちゃんがお父さんを嫌がる話が少なくない。

 

最初は女の子だけかと思っていたら、男の子も嫌がるらしい。

 

説明を読むとお父さんはお母さんと比べて赤ちゃんと接する時間が少ないから、人見知りされているという話だった。

 

ウチとは結果と理屈が逆だった。

 

ウチは俺の方がイチローから抱っこを要求されることが多い気がする。

 

それについて奥さんの見解は、俺の方が体が大きいので安定感がある、俺があまり会えないレアキャラ、という2つの理由で抱っこが得意なのだとか。

 

これってネットの記事で言っているのと原因は同じだけど結果は真逆なんだよな。

 

そう言えば、一年前に初めてイチローを抱っこした時は凄く不安で怖かった。

 

間違って落っことしたらイチローは簡単に死んじゃいそうに見えた。

 

落っことさなくても簡単に首が折れちゃいそうだった。

 

それで死んじゃったら殺人になるんだろうけど、そんな事より、やっと40年以上かかって産まれた我が子がいなくなってしまう事がとてつもなく怖かった。

 

多分この子が死んだら2人目はないだろう。

奥さんも俺もお互い年齢的に最後だ。

 

諦めていたのに、せっかく神様から授かった命なのにそれが自分の粗相で失ってしまったら二度と立ち直れないに違いない。

 

あれこれいろいろ考えてしまって、とても不安だった。

 

でも初めて抱っこしたときは奥さんとかお義母さんとか看護師さんの抱っこを見よう見真似で抱っこした。

 

そしたら案外簡単に抱っこできた。

 

それからは何度も抱っこしたが首が座るまではやっぱり不安だった。

 

一度、首がカクンとなってとても心配したことがあった。すぐにネットで調べたらダメなときは赤ちゃんの状態が急変するので明らかに分かるそうだ。結局、何ともなかった。

 

1歳を過ぎた今となっては片手で抱えたりして、すっかり適当な感じになっている。

 

問題は長時間抱っこしてると後から腰が痛くなることだ。

 

腰は一週間くらいで治ったが、時々、痛くなる。歳はとりたくないものだ。

 

今のイチローの体重は9キロ。

 

これからどんどん重くなるんだろうが、俺の腰は耐えられるんだろうか。

 

とても心配だ。

広告を非表示にする