サトー・タローの育児日誌

アニメ・マンガ好きなアラフォー後半のおっさんの育児日誌(ほとんど専業主婦の奥さんにまかせきり)

小さな公園の中の大冒険

週末にイチロー、奥さん、そして俺の3人でいつものように近所の公園に遊びに出かけた。

 

高速の下のスペースを利用した公園なので、ちょっとくらいの雨や夏の日差しは高速道路が遮ってくれるので重宝している。

 

この日もいつも通りすべり台を滑って、ブランコで遊んで帰ろうと思っていた。

 

最近は歩く練習も兼ねて少し立たせたり歩いたりもさせている。

 

いつもは結構すぐに座り込むのでそこで帰ることにしていた。

 

でも、この日のイチローはいつもと違っていた。

 

ズンズンズンズン歩いて行って止まらなかった。

 

ちょっとした坂道や窪みでは上手く歩けずにしょっちゅうバランスを崩して手をついたりしてたけど、すぐに立ち上がって歩き出した。

 

そして何かを見つけると近寄って拾う。

 

それらは大概タバコの吸殻や木の枝やゴミなので口に入れられる前にママとパパが受け取る。

 

ふと見るとイチローはマンホールや格子状の排水溝のフタの上にしゃがんで穴の奥を観察している。

 

暗くて何も見えないのに小さな穴が珍しいらしい。

 

すると今度は近くを仔犬を連れたおばあさんが通り過ぎようとしていた。

 

イチローは気付いていないので、おばあさんに挨拶して触らせて貰うようにお願いしてみた。

 

残念ながら万が一噛み付いたら大変だからということで、近くて見るだけになった。

 

少しおばあさんとお話しした後、仔犬とお別れした。

 

その後もイチローは止まることなくズンズン歩いて行く。

 

平らな地面は転ばないけど、ちょっとした段差や坂道ではやはり手をついてしまう。

 

それでもすぐに立ち上がって楽しそうに歩き始める。

 

そしてとうとう、細長い公園の端っこの出口に出てしまった。

 

そこは普通の歩道でアスファルトで覆われていて転ぶと痛そうたった。また、人の往来も多く自転車も走っている。

 

イチローはそんなのお構いなしに歩こうとしている。

 

公園に来てから結構な時間が経っていたのでそろそろ帰ることにした。

 

イチロー、今日はいっぱい歩いたね。もう帰ろうか。」

 

そう声をかけるとイチローを抱き上げて公園の水道まで連れて行った。

 

手が泥だらけだったから、指を舐める前に手を洗わせたかった。

 

蛇口から水を出してイチローの手を洗うと、イチローはキャッキャ、キャッキャ言って喜んだ。

 

季節も夏だし、水しぶきが気持ちいい。

 

今日は近所の公園の中を歩いただけだったけど、これからはもっともっと広い公園を走り回ったり、河川敷で虫取りしたりして、いろいろ遊びたいと思った。

 

まだいつになるか分からないけど今から楽しみで仕方がない。

 

 

 

はじめてイチローと二人だけで半日過ごした日

[1歳1ヶ月]はじめてイチローと半日過ごした日

 

最近、奥さんの機嫌が悪い。

 

少し話をしてみたが、これといって特に理由はないらしい。

 

俺に対する不満の1つはタブレットばかり見ていることだそうだ。

 

言い訳させてもらうと、最近は腰が痛くてあんまり動けないし、イチローが寝てるときは物音を立てるなと言われているのでタブレットぐらいしかできることがない。

 

以前に片付けや茶わんを洗っていて何度か怒られたことがある。

 

ただ不機嫌な人に理屈を説明しても状況が改善するとは思えないので発想を変えてみることにした。

 

「今度の日曜日、俺がイチローを見てるからどこかに出かけて来たら?」と言ってみた。

 

そしたら、予想以上の喜びようで、そそくさと電話し始めた。

 

俺としては家族3人だろうと息子と2人だろうと1日拘束されることには変わりないので正直どっちでもいい。

 

今までは母乳オンリーという制約があって母親が必須だったが、卒乳で制約が解消されたので母親役もかなり自由になるはずだ。

 

タブレットで読んでいた育児漫画にパパによる1日預かりの話があったのも丁度良かった。

 

そして日曜当日、イチローは朝からウンチをしてくれた。

 

まだ奥さんが出かける前だったので助かった。

 

ウンチのオムツを取り替える時はイチローがウンチに触らないように気をつけないといけないので2人いると助かる。

 

奥さんが出かける時にイチローと見送った。

奥さんが離れるに連れてイチローが泣き顔になった。いつもは自分が見送られる側なので逆のパターンだ。

 

部屋に戻るとイチローはケロッと気分が変わってご機嫌になった。この気持ちの切り替えは見習いたいものだ。

 

午前中はかくれんぼしたり、追いかけっこしたりして遊んでいたが、急に腰が痛くなってきたのでおとなしくしていることにした。

 

せっかくイチローと2人きりなのに残念だ。

 

代わりに英語のDVDを流したらおとなしく見てくれた。

 

10時になって朝のお昼寝の時間になったので寝かせようと抱っこしたが、なんだか寝そうで寝ない。

 

しまいには暴れ出したので下に降ろしてしまった。

 

トイレに行っておっきい方をしたいので早く寝て欲しいのだが。

 

2〜3回、抱っこと下ろすを繰り返したところで寝せるのを諦めることにした。

 

いい加減、トイレに行きたかったし。

 

イチローに「ちょっとトイレに行ってくるからね」と一声かけてトイレに行ったら、しばらくしてからこっちにやって来た。

 

心配なのでトイレのドアは少し開けてある。

 

トイレに入って来たら汚いからイヤだなーと思っていたら、トイレは通り過ぎて玄関で靴を漁り始めた。

 

そっちも汚いからやめて欲しい!

 

さっさとトイレを済ませてイチローを抱っこして部屋に戻った。

 

やっぱり寝ないので一緒に遊んだりDVDを観せたりして過ごして、お昼は玉子がゆを作って一緒に食べた。

 

そして1時ごろ、おとなしくDVDを観てると思ったらコックリコックリと今にも眠りそうになっていた。

 

そのまま布団に寝せたらスヤスヤ眠った。

自分はその隣で見守りながらネットやKindleを読んで時間をつぶした。

 

2時間後、イチローが起きたので冷たい麦茶を飲ませてから、近所の公園に遊びに行った。

 

いつもは奥さんとイチローと三人で公園に来るのだが、今日はイチローと2人きりだ。

 

ただ、タイミングが悪く滑り台もブランコも小学生に占領されている。

 

仕方ないので近くのベンチで空くのを待っていた。

 

イチローは子供がボール遊びをしているのをおとなしくじっと見ている。

 

しばらくして子供達がいなくなったので、すべり台やブランコで遊んだ。

 

その後、スーパーに寄って買い物したのだが、イチローがはしゃいで「はーい、はーい」と両手を上げて声を出すと、みんな道を開けてくれた。

 

ちょっと恥ずかしい気もしたが気にしないことにした。

 

夜になったら奥さんが帰って来たのでイチローをお風呂に入れて晩御飯を食べて、いつもの週末になった。

 

今日は一日、イチローとほぼ二人きりで過ごせて、とても楽しい日だった。

言葉みたいなもの

今の所、イチローの意味のありそうな言葉は「はーい」と「グァッグァッ」の2つ。

 

「はーい」は気まぐれに手を上げながら「はーい」と言う。

 

奥さんとの義実家への帰省から戻ってきてから俺は初めて見たのでキッカケとかは分からないが、呼び掛けられた訳でもないのに突然、手を上げながら「はーい」と言う。

 

可愛い。

 

「グァッグァッ」はテレビやオモチャからアヒルの鳴き声が聞こえると、喉声で「グァッグァッ」と言う。

 

こっちは全然可愛くない。

 

イチローは喉声が好きみたいでよくお爺さんみたいな声で何かをしゃべっている。

 

たぶん、知らない人が聞いたら赤ちゃんの声とは思わないだろう。

 

そのほか、アンパンマンのオモチャに「あんまん」だか「あんぱん」だかハッキリしない声を出してるがその内、言えるようになりそうな気がする。

 

イチローと話ができたら楽しそうだ。

イチロー避け(よけ)

イチローがゴミ箱をあさるので困っている。

 

それで芝生マットを買ってゴミ箱をのそばに置いてみた。

 

芝生マットというのは約30センチ四方の人工芝のマットなのだが裏返して状態で足を乗せると微妙に痛い。

 

イチローは最初、物珍しそうにハイハイでマットに近づいて手で摘んだりしていたが、しばらくして泣き顔になっていた。

 

ちょっと痛かったらしい。

 

翌日、またイチローがマットを触っていた。

今度は片手でマットを持ち上げている。

 

やっぱり子供騙しじゃダメかと思ったが、すぐに手を離していた。

 

この時はまだ効果はありそうだと思っていたが、一週間後、今度はマットを両手で持って立っていた。

 

マットがイチローのオモチャになりかけているので、近いうちにヒモで近くの家具と結んで固定しようと思った。

 

今のところ、ゴミ箱は漁られていないが、時間の問題だろう。

 

 

ボール遊び

8ヶ月からつかまり立ちを始めて、最近になってヨタヨタと何にも掴まらずに歩けるようになってきた。

 

普通に立つだけなら、30秒以上はじっと立っていることがある。

 

歩くのは10歩以上は大体歩ける。

 

でもまだ、歩き方はぎこちなくてロボットみたいに見える。

 

一歩出してはふらふら、また一歩出してはふらふら。

 

両手を前に突き出して奇妙に動かしているので、何となくゾンビのようにも見える。

 

時々、後ろに倒れそうになるときは、お尻からドスンと落ちる。

 

今、イチローの中で流行中の遊びは大きなスイカくらいビニールボールを両手で抱えて立ち上がり、ポイッと投げて、ヨタヨタと歩いて拾ってまた投げるを繰り返すこと。

 

何やら楽しそうにずぅーと遊んでいる。

 

俺が子供の頃、ロボットに二足歩行させる研究が流行っていたことを思い出した。

 

まっすぐな道を足だけのロボットが一歩一歩確かめながら歩く映像をテレビで見た気がする。

 

イチローはその時のロボットと比べるとずっと危なっかしくて不安定だが、すぐに上手くなりそうな気がする。

 

何でだろう。

 

パパ抱っこ

ネットの記事や育児本を見ると、赤ちゃんがお父さんを嫌がる話が少なくない。

 

最初は女の子だけかと思っていたら、男の子も嫌がるらしい。

 

説明を読むとお父さんはお母さんと比べて赤ちゃんと接する時間が少ないから、人見知りされているという話だった。

 

ウチとは結果と理屈が逆だった。

 

ウチは俺の方がイチローから抱っこを要求されることが多い気がする。

 

それについて奥さんの見解は、俺の方が体が大きいので安定感がある、俺があまり会えないレアキャラ、という2つの理由で抱っこが得意なのだとか。

 

これってネットの記事で言っているのと原因は同じだけど結果は真逆なんだよな。

 

そう言えば、一年前に初めてイチローを抱っこした時は凄く不安で怖かった。

 

間違って落っことしたらイチローは簡単に死んじゃいそうに見えた。

 

落っことさなくても簡単に首が折れちゃいそうだった。

 

それで死んじゃったら殺人になるんだろうけど、そんな事より、やっと40年以上かかって産まれた我が子がいなくなってしまう事がとてつもなく怖かった。

 

多分この子が死んだら2人目はないだろう。

奥さんも俺もお互い年齢的に最後だ。

 

諦めていたのに、せっかく神様から授かった命なのにそれが自分の粗相で失ってしまったら二度と立ち直れないに違いない。

 

あれこれいろいろ考えてしまって、とても不安だった。

 

でも初めて抱っこしたときは奥さんとかお義母さんとか看護師さんの抱っこを見よう見真似で抱っこした。

 

そしたら案外簡単に抱っこできた。

 

それからは何度も抱っこしたが首が座るまではやっぱり不安だった。

 

一度、首がカクンとなってとても心配したことがあった。すぐにネットで調べたらダメなときは赤ちゃんの状態が急変するので明らかに分かるそうだ。結局、何ともなかった。

 

1歳を過ぎた今となっては片手で抱えたりして、すっかり適当な感じになっている。

 

問題は長時間抱っこしてると後から腰が痛くなることだ。

 

腰は一週間くらいで治ったが、時々、痛くなる。歳はとりたくないものだ。

 

今のイチローの体重は9キロ。

 

これからどんどん重くなるんだろうが、俺の腰は耐えられるんだろうか。

 

とても心配だ。

突然の卒乳

出産した病院の方針でイチローは母乳オンリーで育てている。

 

奥さんの寝かしつけも授乳しながら。

 

イチローは1歳になった今でも夜泣きが続いていて、夜は30分〜2時間おきに起きて泣き出す。

 

週末は俺が添い寝してるが30分はマジでキツイ。

 

抱っこしてユラユラさせて15分くらい頑張って寝かせてそっと布団に寝かせてやっと眠れると思ったら泣き声で目が覚める。時計をみたら30分しか経ってない。また、抱っこして寝かせないと!

 

これの繰り返し。

 

奥さんはその度におっぱいをあげて眠らせているらしい。

 

あまり飲まずに乳首を咥えてるだけというのもあるみたいだが。

 

それが突然おっぱいを飲まなくなってしまった。

 

おっぱいをあげても飲まずに泣くらしい。

 

奥さんは、これからどうやって寝かしつけたらいいんだと、パニック気味になってるし、離乳食もあまり食べていないのでそれも心配。

 

そんなことがあってこの先どうなるんだろうと心配になって会社から時々メールや電話して様子を見てたら、案外、上手く行っているらしい。

 

寝かしつけは泣き疲れて勝手に一人で寝るので以前より手がかからないみたいだし、離乳食も前より食べるようになった。

 

さらに何日かしたらそんなに泣かずに普通に抱っこで寝るようになり、なおかつ、まとめて寝る時間が4時間と以前の何倍にも増えて奥さんがまともに眠れるようになったらしい。

 

とりあえず良かった。